スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍を見たことがありますか?

JUGEMテーマ:海外生活
 
先日、ブータン国王夫妻が日本を訪れたそうですね。

その時にTVでちらりと聞いた、相馬の子供達への龍のお話もとても印象的で。

「皆さんは、龍を見たことがありますか?
私はあります。
龍は一人ひとりの心のなかにいます。
私たちの中には『人格』という龍が存在します。
龍は私たちみんなの心の中に居て、『経験』を食べて成長します。
だから、私たちは日増しに強くなるのです。
そして、感情をコントロールする事が大切です。
どうか自分の龍を大きく素晴らしく育てていって欲しい。」



ブータン国王、福島の子どもたち励ます


国民総”幸福”量を重んじるブータン国王が国会で演説

ウィキで見てみたら、ブータンは大体九州と同じくらいの大きさの国なんだそうです。

ブータンは、現地の言葉では「ドゥルック・ユル(雷龍の国)」と言うんだそうです。

国旗や国章にも龍が描かれています。



国旗


国章

ドゥルック・ユルの雷龍は、心優しく無限の力を持つ、国の守護神とか。
そして王様のことは、「雷龍の王」と言うんだそうです。

そして、今回初めて、ブータンの為に尽力された日本人がいらっしゃった事を知りました。

国旗の重み~西岡京治物語~

前編
 

中編



シェムガン開発編


後編


今回のブータン国王夫妻をTVでちらっと見ただけでも、凛としていて、思わず背筋がしゃんと伸びるような感じを受けたのだけども。

ここにアップした話を観て、なんだか納得。

ブータンの方の、精神性っていうんでしょうか。

昭和天皇の崩御の時、様々な国が葬儀の為に日本へ行き、その中のいくつかは、そのついでに経済協力支援をお願いしよう、という『葬儀外交』だったにも関わらず、ブータンはそういったことは一切なかったと。

ジャーナリストが国王に尋ねると、「弔意を示しに来たのであって、金を無心しに来たのではない」と、悲しそうに答えられたとか。

心がほかほかになりました。^^


この動画の西岡京治さんの事は始めて知ったけれども、たくさんの人に知ってもらいたいと思ったので、アップしてみました。

もっとメディアで取り上げてもいいのにね。

こういった方々のお陰もあって、今の私達がある、日本がある、という事にも繋がっているんだろうしね。


☆追記☆
ブータンには、2007年以前って体育の授業がなかったんだって。

子供達の笑顔が素敵です♪


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

lucorochoco

Author:lucorochoco
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。