スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本へ行ってきました 5

JUGEMテーマ:海外生活
 
去年、大震災がありましたが。

実は、津波のあった名取市閖上(ゆりあげ)にも行ってきました。

おもしろ半分のような気持ちではないにしても、行っていいものか、やっぱり悩みましたが。

自分が結婚前、よく通ったり、空港では仕事をしていた事もあったので、今回の震災を忘れない為にも行きました。

実家や弟、親戚の家は仙台市南部にありますが、東部道路という有料道路があったお陰で津波が到達しなかったそうで。

東部道路を挟んで、震災当時、景色が全く違かったそうです。

↓緑色の道路が東部有料道路です

大きな地図で見る

ゆりあげ地区の道路を通っていると、所々、田んぼなどに船が残されたままの場所や、よく見るとまだまだ様々なゴミがあったり。

それでも震災直後より、ずっときれいになったんだそうで。

家の土台しか残っていない所もたくさんあり、重機が入って、何かの作業をしている所もありました。

あるエリアに入った時、突然喉と胸が苦しくなって、息があまりできなくなりました。

津波にのまれた方は、どんなに苦しくて怖かったことだろうかと、涙が出そうになりました。

自分には何もできませんが、せめてと思い、手を合わせてお祈りしながら通りました。

昔2年ほど働いていた仙台空港もすぐ近くなので、そのまま空港まで行ってみました。

私が働いていた当初は空港鉄道はまだ建設中でしたが、すっかり鉄道も出来上がっていて、また、震災の被害があったにも関わらず、既に機能している事に(知ってはいたけど)改めて感動しました。

それには、アメリカ軍の助けをはじめ、たくさんの協力があったからなんでしょうが。


仙台空港


2階部分が空港鉄道


館内には震災直後の写真が展示してありました。
クリックすると拡大します


たくさんの応援メッセージも!
クリックすると拡大します


ニューデリーなど、海外からの応援の折鶴


仙台空港展望台から。
海はすぐそこ。

この震災の事を心の中で風化させてしまわないように、できる時に、出来ることを自分なりにしていきたいと思います。

名取市のゆりあげ地区を見て、復興はこれからが本番なのかもしれないと、思いました。

他の地域には行っていませんが、やはり同じ様に、これから、なのかもしれません。

福島の友人家族は、原発からは離れた所に住んではいますが、福島県内にとどまり、頑張っています。

続きでは、ゆりあげ地区の写真を少し載せますが、苦手な方はスルーしてくださいね。

名取市閖上(ゆりあげ)地区









亡くなった方々とご遺族の方々に深くお悔やみを申し上げます。
そして、一日も早く日常が戻りますことをお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

lucorochoco

Author:lucorochoco
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。